整骨院・介護施設を運営する有限会社藤田企画のホームページです。

qrcode.png
http://fujita-kikaku.net/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

有限会社藤田企画
〒859-1115
長崎県雲仙市吾妻町永中名
47番地1
TEL.0957-20-0777
FAX.0957-20-0770

IP 050-3531-1717

苦情受け付け窓口
0120−200−913
──────────────
1.整骨院
2.グループホーム
3.デイサービス
──────────────

 
 

みなみ整骨院ブログ

 

長崎みなみ整骨院

長崎みなみ整骨院
フォーム
 
ボウリング大会
2014-11-20
こんにちは
 
朝晩が冷えこんで起きるのが辛くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?
 
さて、今回は先日、長崎県柔道整復師会主催のボウリング大会が行わました
あまり会うことのない柔整師の先輩方と共にボウリングを楽しみました。
2ゲームあり、その合計で順位を競いました
 
長崎みなみ整骨院からは、山下が7位と好成績を収めました
普段使うことの少ない筋肉を使ったので翌日筋肉がきた先生も多かったと思います。
来年1位になれるようにガンバリマス
 
 
テニス
2014-10-20
こんにちは
10月14・15・16日に開催された第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体のテニスの救護活動について報告します。
 
 会場は松山の長崎市営庭球場と長崎市総合運動公園かきどまり庭球場で行われました。
初日は台風の影響で中止となり、4日間の日程が3日間になりました。選手たちにとっては過酷な試合日程となってしまいました。
 
今回、私はテニスの救護が3回目となり、また、国体という大きな仕事に気合をいれて臨みました。
 
 やはり、全国トップクラスの選手たちは準備の段階から違うと感心するばかりでした。特に試合前のコンディショニングや、テーピングなどはとても細かい所までこだわりがあるので、私自身も教えられることがたくさんあり、いい経験を積むことができました。
 
 写真の真ん中にいるのが、少年男子の部・3位になった京都東山高等学校の柴野晃輔くんです。
OBには福岡ソフトバンクホークス・岡島秀樹、みうらじゅんなどがいます。
彼はトレーナーブースに何度も足を運んでくれ、また私が京都で修業していたこともあり、個人的に応援させてもらいました。
 
小学3年生でテニスをはじめ、数々の大会で活躍し、京都の名門である東山高等学校テニス部に入部。
8月のインターハイでシングルス・ベスト8。この国体では堂々の3位となりました。
 
コンディションを万全にして優勝してほしかったのですが、私の力不足でした。
日頃、柴野くんをケアしている整骨院の先生にも申し訳なく思います。
 
卒業後は大学でもテニスを続けると聞いていますが、無理をせず、身体も大事にしてください。
 
第二の錦織圭! がんばらんば
 
また、いつの日か会えるのを、楽しみにしています

遠い長崎からですが、ずっと応援します!
 
ラグビー
2014-10-20
こんにちは
朝晩が冷えてきましたがいかがお過ごしでしょうか?
 
今回のアスリート紹介は、冬の花園を目指す長崎南山高校ラグビー部2年・桑原大輔くんです。
今まさに県代表を決める予選の真っ最中です。
彼は当院に小学生の頃より通院してくれて、小学ではソフトボール部、中学ではラグビー部として活躍しました。
 はじめはやせ型でラグビーをして大丈夫かと心配しておりましたが、今では183㎝・90㎏とラガーマンらしい体格となっています。
 
小学生から素直で優しく恥ずかしがり屋な少年でしたが、今はむしろ堂々としてきました。
 
長崎は強豪校がひしめいて、代表になるのは並大抵ではないですが、必ず先が見えてくると思います。
 
今、ラグビーができるのは周りの人の支えがあってこそだというのを忘れず、常に感謝の心をもち、日々新たにこれからも頑張ってもらいたいです。
 
 
花園を目指してトライだ!
 
 
台風
2014-10-14
こんにちは、塩塚です
 
とても強い台風が来ましたが、皆さんは大丈夫でしたか
 
僕たちのところは、あまり風も強くなく無事にすみました
 
 
テレビで見ていると、とてもすごい勢力だったのでしっかり準備していたんですけどね
 
でも、もう台風にはきてほしくないですね
 
以上 塩塚でした
 
軍艦島
2014-09-19
こんにちは
 
早朝、夕方が肌寒くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか
 
 
 さて、先日軍艦島に行ってきました
上陸して周りを見渡してみるとやはり廃墟がつづいてました。
引率者が事細かに、その廃墟を一つ一つ説明をしてくれましたので、
当時の軍艦島と現在の対比が感慨深かったです。
 
 炭鉱を堀りに何百メートルも降りる為の施設に昇る階段は今も残っており、
その階段は石炭がついた靴によって黒く染まっていました。
以前、軍艦島に住んで炭鉱に参加した人は「軍艦島がどんなに崩れていっても
この階段は崩れない」と言っていたそうです。その言葉通り、階段はそのままの
姿を保っていました。階段を昇る人、階段を降りる人、降りられない人の思いが
集まったからだそうです。
 
 
夜には空にあがる花火を観ました
素敵な出会いはありませんでした
 
残念
<<有限会社藤田企画>> 〒859-1115 長崎県雲仙市吾妻町永中名69番地3 TEL:0957-20-0777 FAX:0957-20-0770